スポンサーリンク

SMAP解散、マネージャー退職の影響で山下智久が正念場、ジャニーズ派閥図

Pocket

SMAP解散余波で今が正念場?!山下智久がドラマ撮影現場で見せた「異例行動」

現在、ドラマ「ボク、運命の人です。」(日本テレビ系)に山下智久が同じジャニーズ事務所所属の亀梨和也の2番手として出演している。

スポンサーリンク

もともと、2人は過去に共演した同局系ドラマ「野ブタ。をプロデュース」では同格扱いでした。

ですが、山下智久さんがSMAPの育ての親でジャニーズ事務所を退社した元チーフプロデューサー・飯島三智女史のプロデュースを受けていたこともあり、最近ではジャニーズ事務所内での立場が微妙になっていると言われています。

山下智久もSMAPのマネージャーだった飯島三智派閥だったのは、SMAPの解散問題で有名なことになりましたね。飯島三智が事務所を退職した際に事務所に残留してもその影響で、扱いの格が下がってしまうとはかわいそうな話です。

メリー喜多川、藤島ジュリー景子副社長が、飯島元チーフマネージャーに嫉妬と恨みがあり、その腹いせに立場を下げたように思えてしまいます。対立問題が未だに引きずられてしまってるなんて、いつになったら、こういうことがなくなるのでしょうか?

ジャニーズ事務所の問題児?山下智久

「SMAPの解散&独立騒動の渦中には、メリー喜多川副社長に呼び出されて直接、進退を問い質されたそうです。山下智久さん本人はジャニーズ残留を表明しましたが、“外様”扱いされている部分もあると思います。そもそも、メリー喜多川さんはスキャンダルが大嫌い。山下智久さんといえば、先日も交際中の石原さとみさんとのデートが報じられましたが、これまでも数多くの浮名を流していますし、“問題児”のイメージもあるのでしょう」

山下智久と石原さとみの交際は、半同棲中とも言われており、もう公然の仲になっているというぐらいの状況で、事務所としては、もう「アイドル」としては、扱いづらいのは、否めませんね。

アイドルとして厳しいのであれば、他の路線を考える必要があるのですが、草なぎ剛や木村拓哉のように「俳優」というには厳しく、実力が不足しているように思われます。山下智久は、ここで俳優として踏ん張る必要があるのだと思います。その意味もあり、なりふり構わず、ドラマの成功のために「異例行動」と言われるような行動になっているのだと感じます。このドラマの成功が今後の命運を占う形になっていますね。ただ、これ以上事務所での扱いが悪くなるようなことがあれば、最悪事務所を出るという選択肢もあるのだとは思います。

そんな山下は今夏から自身が主演する人気ドラマシリーズ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」(フジテレビ系)の放送を控えており、すでに撮影はスタートしているが、同ドラマの現場に「ボク、運命の──」の台本を持ち込んでいるというのだ。

「通常、ドラマ撮影現場に他局のドラマの台本を持ち込むことなどあり得ないのですが、事務所内の立場もあり、それだけ追い込まれているということでしょう。年齢的な部分も含めて、今がまさに正念場といったところでしょうか」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

何かとプライベートの話題が注目される山下だが、晴れてメリー副社長の信頼を得ることができるのか!?

(しおさわ かつつね)

アサゲイプラス 引用

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所の派閥はこうだった

ジャニーズ事務所には、メリー喜多川(89)、藤島ジュリー景子副社長(49)の派閥とジャニー喜多川社長(84)派閥、飯島三智チーフマネージャーの派閥があった。それぞれにどういったグループがいたかをまとめておきたいと思います。

・メリー喜多川、藤島ジュリー景子派閥

近藤真彦、嵐、TOKIO、V6、関ジャニ∞、KAT-TUN、NEWS、Hey!Say!JUMP

・ジャニー喜多川派閥

Kinki Kids、タッキー&翼

・飯島三智派閥

SMAP、山下智久、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.b.C-Z

となっている。山下智久がNEWSを脱退したや様々ワイドショーを握わせる報道もこの派閥からも理解できます。テレビ番組で共演する組み合せがこの派閥解消によって、様々変わってきているのも事実。今年一年間は、特にジャニーズ事務所のメンバーの動きも気になるところです。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。


トレンドニュースランキング

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク