スポンサーリンク

TOKIOが希少生物捕獲!! 古代サメ「ラフカ」の食レポ?(写真あり)『鉄腕!DASH!!』で

Pocket

人気グループ・TOKIOの城島茂と山口達也が、4月上旬に“学会で発表するレベル”という超貴重な生物で幻とも呼ばれる古代サメ・ラブカを生きたまま捕獲したことが、わかった。その模様は、あす14日に日本テレビ系人気番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(毎週日曜 後7:00)で放送する。

オリコンニュース 引用

スポンサーリンク

シン・ゴジラ発見!?

このTOKIOの二人が捕獲した希少生物ラブカは『シン・ゴジラ』の第2形態のモデルになった幻の古代サメ。生きた化石と呼ばれており、シーラカンスや恐竜よりも古く3億5000万年前から姿を変えずに生息していると言われています。古代サメ・ラブカが生きた状態で捕獲されることは無く、2004年にアメリカの無人探査船が生きて泳ぐ姿を撮影した時は、世界中のサメ学者が驚嘆する大ニュースにもなった。今回の生きて捕獲できたことは、とんでもない事件ですね。それにしても写真を見ましたが、グロテスクな見た目ですね。。。

ラブカ(羅鱶、学名 Chlamydoselachus anguineus)は、カグラザメ目ラブカ科に属するサメの1種である。ラブカ科の現生種は2種のみ。外見からウナギザメ(鰻鮫)と呼ばれることもある。大西洋・太平洋の大陸斜面、水深500–1,000メートルの海底で生活するが、日本では駿河湾、相模湾などで浅海に上がってくる。原始的なサメの特徴が見られることから生きている化石と呼ばれる。全長2メートルに達し、鰭は体後部に集中する。鰓弁は大きくヒダ状になり、英名 frilled shark の由来ともなっている。
※出典:wikipedeia

「水族館では、たびたび底曳網や刺し網、サクラエビ漁で混獲された個体が展示されますが、数日で死亡する事例がほとんど」だ。

ラブカは水深500メートル以深に生息しており、水圧のない環境では肝機能がうまく働かないと考えられているという。

BuzzFeed Japan 引用

スポンサーリンク

スナヤツメも発見している二人

また、今回ラブカを発見した城島茂と山口達也は、以前も多摩川上流での絶滅危惧種(スナヤツメ)発見しており、2人の強運っぷりが伺えますね。このスナヤツメも結構見た目が変わっています。こういう希少生物は見栄えが一般的な魚と違うものが多いですが、見た目がグロテスクだから数が少なくなっていくのか、生き残っていくのが難しいのでしょうか? 生き残っている生物は、無駄がなくなっているのかもしれませんね。

スナヤツメLethenteron reissneri)はヤツメウナギ科の淡水魚である。鹿児島県、宮崎県を除く九州以北。沿海州、中国北部、朝鮮半島に生息している。河川の下流域に生息している。日本に分布する個体群のアロザイム解析を行った結果、2群に分かれるとする報告があるそれらは暫定的に「北方種」「南方種」に分けられている。この仲間は原始的な魚類とされるが研究者によっては魚類ではないとみなすものもある。

※出典:wikipedeia

そのうちこの二人は、水産物博士になってしまうんじゃないかというぐらい次々希少種や絶滅危惧種を発見しますね。これからも珍しい魚を発見していくんじゃないでしょうか?

ちなみに、明日は、「10年に1度上がれば幸運」という幻のカニも捕獲する様子も放送されるようです。

「TOKIO=職人」というイメージがファンの中でもついているのではないでしょうか?

追記

ラブカを食べたという記事がありました。

 2015年3月には冷凍で持ち込まれたものを調理して食べたこともあったそうだ。刺身は「高級魚の白身って感じ」。塩焼きは「う、うまい!ふっくらとして程よく脂がのっている」と感想が書かれている。なお、ラブカの表皮は「サメとは思えないほど心地いい」そう。

BuzzFeed Japan 引用

希少性の高い古代サメと言う割には、見つかっているんですね。でも、深海魚なので、地上に一旦上がると長くは生きられないようです。なので、なかなか見つからなかったり、生きたまま捕獲できなかったりするんでしょうね。

ただこれを食べるって、かなり勇気のいることですが、人間ってすごいなと思いました。でも、見た目が悪くても美味しいようですね。なまことかもグロテスクですが、美味しいですもんね。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。


トレンドニュースランキング

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク