スポンサーリンク

楽しんごの現在は激太りで緊急手術!急性腹膜炎は生死に関わる病気だった!!

Pocket

「ラブ注入」などのお姉キャラで人気のあった楽しんごさん。

最近、テレビなどのメディアに姿を見せていませんでしたが、現在は激太りしているようです。しかも、それが原因で緊急手術をしていました。

病名は急性腹膜炎でした。これは生死に関わる病気ということです。

楽しんごさんの病後はどうなったのか?

急性腹膜炎とはどんな病気なのか?

を調べてみました。

スポンサーリンク

楽しんご、急性腹膜炎で緊急手術「人間ドッグで何も異常無かったのに!」

 お笑い芸人・楽しんご(38)が9日、ツイッターを更新し、緊急手術が急性腹膜炎によるものだったことを報告した。

スポンサーリンク

https://twitter.com/kosuruno_suki/status/861840342957539328

 8日には、姉が楽しんごの代理で「昨日楽しんごが緊急手術をしました。仕事関係者の方々連絡取れず申し訳ありません。前日に痛みに耐えながらイベントをして良く頑張っていました。頑張っていた楽しんごに皆様温かいメッセージお願い致します」と関係者に謝罪した。

スポーツ報知 引用

スポンサーリンク

急性腹膜炎の原因は?

さまざまな消化器の病気の合併症として起こる事が多く、その原因には細菌などが多いようです。急性虫垂炎や急性胆嚢炎、急性膵炎などの臓器の炎症が原因となり起こる事があり、一番多くは、急性虫垂炎です。その他では、腹腔内の臓器に穴があき、内容物が漏れて炎症を起こす事があり、また、肝硬変で腹水の溜まっている人に起こる事があるということです。

ネット上では、楽しんごが最近激太りしているということで、本人もそれが原因とTwitterで呟いていますが、どうやらそれが原因では起こらない病気のようです。

芸能界から姿を消しているが

暴行事件以降、テレビなどでは全く顔を見なくなったが、有名な話になっているが、整体で大成功しています。腕も相当なもので、45分2万円でも予約が殺到しているようで、月収も1000万円を越えると自身でも豪語するほどのようです。ちなみに、楽しんごさんが持っている資格は、「日本エステティック協会認定フェイシャルエステティシャン」という。学生のときに取っていた整体の資格で大ブレークできたということです。ちなみにどんな協会かを調べたところ設立は結構古い協会でした。

1972年6月 日本エステティシャン協会として設立

日本エステティック協会は、1972年6月、日本における健全なエステティックの普及や発展を目的として、美容・医学・化粧品等多くの関係者によって、日本エステティシャン協会として設立されました。

ということで、楽しんごは昔から美容などに関心があったことが伺えます。

今回は九死に一生を得た結果になりましたが、くれぐれも体調には気をつけたいものです。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。


トレンドニュースランキング

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク