スポンサーリンク

大阪府八尾市星の光幼稚園通園バス事故「運転手に異変があった」

Pocket

5月30日、大阪府八尾市で幼稚園の送迎バスが植え込みに突っ込み園児ら7人がけがをした事故で、バスの添乗員が「運転手に異変があり、危ないからハンドルを切った」と話していることが幼稚園側への取材で分かりました。

30日午前8時ごろ、八尾市萱振町3丁目の市道で、松原市の「星の光幼稚園」の送迎バスが歩道に乗り上げ、植木に乗り上げ、道路案内標識の支柱に衝突。警察や消防によると、この事故で5歳の園児6人や男性運転手(65)らあわせて7人が軽いけがをしたということです。

スポンサーリンク

運転手に異変があり、バスが対向車線に出そうになった。

同乗していた女性添乗員が「運転手に異変があり、バスが対向車線に出そうになった。危ないからハンドルを人のいない歩道側に切った」と話しており、警察は事故の原因を調べています。

男性運転手は園が送迎業務を委託している警備会社の社員で、幼稚園関係者によると、男性運転手が直前に意識が薄れたような状態になって蛇行運転を始めたといいます。添乗員の女性が横から代わりに操作していたというものです。添乗員はバスを止めるためハンドルを左に切り事故は起こったようです。この運転手は「覚えていない」と府警に説明しており、事故前後の記憶がないということです。

今回の事故を起こした運転手は4月に入社。この日の朝の点呼で風邪のような症状を訴えたが、運転手は「眠くなるといけない」と言い、薬の服用はせずに出発したということでした。

https://twitter.com/coc___n730/status/869493500722651137

スポンサーリンク

【星の光幼稚園】

https://goo.gl/maps/hBccaxU8d512

運転手は持病があったのでは?

事故当時の写真がネット上にたくさん出ていますが、かなりの勢いでぶつかっていますね。怪我だけで済んでよかったですが、バスに乗っていた子どもたちはかなり怖い思いをしたと思います。バスに乗っていたら、蛇行運転が始まり、植え込みに乗り上げて、電柱にぶつかる。想像しただけでも恐ろしい状況です。添乗員がいて大惨事を免れましたが、この手の事故はあとをたたないですね。おそらく、運転手は持病があったのだと思います。病気の人は車を運転したらいけないですね。生活をするためにバスの運転手をしていたのだとは思いますが、事故を起こして、死亡事故でも起こしてしまえば、運転手の生活も被害者の生活もすべてがなくなってしまいます。持病のある人は、車に乗れない法律を考えて欲しいですね。何の罪のない人が被害に合わないためにも。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。


トレンドニュースランキング

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク