スポンサーリンク

中居正広の番組でカットされたSMAPトークの内容と理由とは?!

Pocket

5月13日に放送された、中居正広が司会を務める『のどじまんTHEワールド! 2017春』(日本テレビ系)。これは世界各国の代表が日本のヒット曲を歌う番組で、12・6%とまずまずの視聴率を記録しました。一番盛り上がった場面は、インドネシア代表が歌ったSMAPの代表曲『世界に一つだけの花』の時でした。

スポンサーリンク

『世界に一つだけの花』を歌った後にカットが

『世界に一つだけの花』の歌唱後に大会委員長のテリー伊藤さんが「中居正広さんも途中で歌うのかと思った」と問うと、
「素晴らしかったですね。僕もてっきり入るものと思っていたんですよ。でも、のどの調子壊しちゃったんです~」
と、流石な返しで笑いを誘った中居くん……。

とまでは放送後に一部報道でも取り上げられていましたが、このときバッサリとカットされた未公開トークがあったというのです。
この番組は、4月中旬の夕方6時、東京国際フォーラムホールCでスタートした『のどじまん』収録されたということです。今回が16回目となる同番組は、第3回から携わる中居正広さんを中心にスムーズに進行されました。
中居くんは、各国出場者が歌っている間は、イスに座りながらもリズムに乗って身体を左右に揺らしたり、時折、口ずさむこともあったりといつもの感じでした。そして、インドネシア代表の出番になり、冒頭のテリーとの掛け合い、彼らの点数発表をもって出場者退場の流れとなったその場面でのトークです。

スポンサーリンク

会場の雰囲気を変えた消えた名シーン

中居くんの目の前で歌われた『世界に一つだけの花』は、観覧客の大半を占めていたSMAPファンを泣かせ、会場内にはすすり泣きも聞こえる沈んだ雰囲気に包まれていました。そのときでした消えた名シーンが生まれたのは。
「昔、歌ってたんだよね。口動かしていただけなんだけどさ(笑)。(僕がSMAPで歌ってたの)知ってた?」

(“もちろん”の答えに)

「いや~、本人に会えちゃったね。会えるもんだね。ほかの人にも会わせたかったな~」
退場しかけたインドネシア代表らと、笑いを交えたトークを始めた中居くん。すると会場の空気は一変して、和やかな雰囲気に包まれました。
中居くんが言う“ほかの人”とはもちろん、SMAPのメンバーたちのこと。ただ、この名シーンが放送されることはありませんでした。

名シーンがカットされた理由は?

やはりこのシーンがカットされたのは、事務所の意向でしょうかね?中居くんの口からSMAPと連想させてる言葉が出るのは良くないのでしょうか?

事務所的にも逆に良いことじゃないかな?って思うのですが。ファンは、SMAPに関することを聞きたいって気持ちはやっぱりありますしね。

他の番組では、元SMAPの他のメンバーのエピソードも聞くこともあるので、もしかしたら、事務所の意向ではなくて、番組サイドが気を回してカットしてしまったのかもしれませんね。でも、そこでこのシーンを流せば、ファンは、もっと番組のことを宣伝したと思うんですが、逆の意味での宣伝になってしまったかもしれませんね。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。


トレンドニュースランキング

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク