スポンサーリンク

眞子様婚約者小室圭さんの家柄は?あだ名は?

Pocket

秋篠宮家の長女・眞子さま(25)とのご婚約が内定したICU(国際基督教大学)で同級生だった小室圭さん(25)。明日発売の週刊誌文春で小室圭さんの普段の様子が掲載されることになりました。

スポンサーリンク

小室圭さんは横浜市在住で、一橋大大学院の国際企業戦略研究科に在籍しつつ、現在、東京都中央区の法律事務所でパラリーガル(法務職員)として企業法務の書面作成などに携わっているという。平日は仕事が終わると、母親の佳代さんと待ち合わせをして買い物などをして、帰途につくことが多いようです。お母さん想い、家族想いの人柄なんですね。

というのも「父親が急逝したのは、小室圭君が10歳の頃。母の佳代さんが女手一つで苦労して育てていました。それだけに親子の結びつきは強く、小室圭君は何でもお母さんに相談するようですし、佳代さんも小室圭君を『うちの王子』と呼ぶほどです」と小室家の知人が取材で応えています。

5月14日の日曜日には川崎市内で友人たちと約2時間、フットサルを楽しまれるなど勉強、仕事だけでなく、スポーツも好きなようですね。

スポンサーリンク

眞子さまのハートを射止めた“王子さま”。小室圭さんの人柄や、眞子さまとの微笑ましくも“速攻”だった結婚前提の交際秘話や、高校時代のモテエピソード、愛読書、イギリス留学中の眞子さまとのデートまで。“海の王子”伝説の詳細、彼が高校時代に撮ったというプリクラなどが掲載されているとのことです。

小室圭さんの学生時代のエピソードでは、お母さんから離れ、ICU2年生の2学期から学内にある寮で生活を始めました。

その寮で同じだった2つ下の後輩によると、「寮では“コムロック”と呼ばれて、みんなから好かれていましたね。経営学を専攻する一方で、アルバイトの掛け持ちで多忙のようでした。サークルや部活には入っていなかったと思います。」ということで、母子家庭だったため、家計に負担をかけないようにバイトをされていたんでしょうね。

ちなみに、このあだ名は、ブラジリアン柔術家の小室宏二さんから来ているのか?もしくは、ミュージシャンの氷室京介さんが「ヒムロック」と呼ばれているところから来ているような気がしてなりません。音楽も好きなのかもしれませんね。

また寮生は入学直後に“イニシエーション”といって、約1か月の間、コスプレをして学生生活をしなくてはならないという怪しい(笑)決まりがあるそうで、毎年、寮ごとにテーマを決められ、その年はテレビゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ』(任天堂)に決まり、小室さんはゲーム内に登場する『ヨッシー』のコスプレをしていましたということです。

1ヶ月もヨッシーの格好で過ごす姿を想像するだけで笑えますね。こういうことが大丈夫なICUは、ユニークな発想をされる方が多いのかもしれませんね。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。


トレンドニュースランキング

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク