スポンサーリンク

草なぎ剛、主演男優賞に輝く。数々の受賞歴が凄い!!

Pocket

草なぎ剛が主演男優賞に輝く!「僕は何度『地獄に落ちろ』と言ってるんだ?って思った(笑)」

17年冬クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「第92回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」の全8部門の優秀賞が決定した。

スポンサーリンク

主演男優賞に選ばれたのはフジ系「嘘の戦争」で鬼気迫る演技を見せた草なぎ剛。家族を殺され復讐に燃える男・一ノ瀬浩一を演じ、氷のような目つきや憎しみでゆがんだ表情などで、多くの視聴者を魅了した。

草なぎ剛は、今回の受賞で主演男優賞は6回目。受賞を受けて「ドラマを見てくれたって人が本当に多くて、いい作品だったなと今回実感しています。でも僕だけの力ではないのでね。こうやって、僕がこの作品の先頭に立って、たくさんの人に良かったと受け取ってもらえたんだなと思っています」とコメント。作品中、感情をコントロールする作業の大変さを「正直、疲れますから。『憎んでる!』みたいな感じはエネルギーがいるので。まあ終わって家に帰ってきたら忘れちゃうんですけどね。僕は何度『地獄に落ちろ』と言ってるんだ?と思って(笑)」と笑顔で語った。

続編について「うーん、別にチャンスがあれば…。浩一はタイに帰っているし、脚本の後藤紀子さんや監督の三宅喜重さんに『もう1回考えてやろうよ』と言ったらできるのかなとは思いますけどね。みんな楽しそうに演じていたし、またみんなと集まれるかなとは思うけど。でも僕の中ではやりきった感がすごくある。これで浩一の復讐は済んだので。正直終わってホッとしたという気持ちの方が大きいですかね」と心境を明かした。

ザ・テレビジョン 引用

スポンサーリンク

草なぎ剛の演技力による受賞歴

「これが最初で最後の主演」のキャッチフレーズだった「いいひと。」まさに草なぎ剛というタイトルのドラマであり、内容でしたね。共演は、菅野美穂でした。

この連続ドラマの演技力により今回と同じ「ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞」を受賞。それから数々のドラマに主演し、下記のような主演男優賞を受賞しています。それにしても凄い数の受賞歴で驚いてしまいます。ほとんどの主演ドラマ、映画で受賞しているのではないでしょうか? ちなみに、「いいひと。」の主題歌は、SMAPの「セロリ」でした。その受賞歴を調べてみました。もし、漏れているものがあれば、お知らせいただけると嬉しいです。

第13回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(1997年) – 『いいひと。』

第36回 ドラマアカデミー賞 主演男優賞(2003年) – 『僕の生きる道』

第20回 ATP賞 個人賞(2003年) – 『僕の生きる道』『黄泉がえり』

第13回 TV LIFE 年間ドラマ大賞2003 主演男優賞(2004年) – 『僕の生きる道』

第58回 日本放送映画藝術大賞 放送部門 優秀主演男優賞(2004年) – 『僕の生きる道』

第59回 日本放送映画藝術大賞 放送部門 最優秀主演男優賞(2005年) – 『僕と彼女と彼女の生きる道』『海峡を渡るバイオリン』

第13回 橋田賞(2005年) – 『僕と彼女と彼女の生きる道』『海峡を渡るバイオリン』

第1回 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2004 優秀主演男優賞(2005年) – 『僕と彼女と彼女の生きる道』

第51回 ドラマアカデミー賞 主演男優賞(2007年) – 『僕の歩く道』

第14回 読売演劇大賞 杉村春子賞(2007年) – 『父帰る/屋上の狂人』

第14回 読売演劇大賞 優秀男優賞(2007年) – 『父帰る/屋上の狂人』

第16回 TV LIFE 年間ドラマ大賞2006 主演男優賞(2007年) – 『僕の歩く道』

第61回 日本放送映画藝術大賞 放送部門 優秀主演男優賞(2007年) – 『僕の歩く道』

第3回 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2006 最優秀主演男優賞(2007年) – 『僕の歩く道』

第62回 ドラマアカデミー賞 主演男優賞(2009年) – 『任侠ヘルパー』

第19回 TV LIFE 年間ドラマ大賞2009 主演男優賞(2010年) – 『任侠ヘルパー』

第64回 日本放送映画藝術大賞 放送部門 優秀主演男優賞(2010年) – 『任侠ヘルパー』

第6回 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2009 優秀主演男優賞(2010年) – 『任侠ヘルパー』

第65回 日本放送映画藝術大賞 放送部門 最優秀主演男優賞(2011年) – 『99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜』

第8回 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2011冬 最優秀主演男優賞(2011年) – 『冬のサクラ』

第8回 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2011 優秀主演男優賞(2012年) – 『冬のサクラ』

第1回 ムービープラス・アワード 2012 映画ファン大賞 最優秀男優賞(2013年) – 『任侠ヘルパー』劇場版

第18回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ冬ドラマ 主演男優賞(2015年) – 『銭の戦争』

第84回 ドラマアカデミー賞 主演男優賞(2015年) – 『銭の戦争』

第12回 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2015冬 最優秀主演男優賞(2015年) – 『銭の戦争』

第55回 ACC CM FESTIVAL 演技賞(2015年) – 島忠のCM作品

第12回 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2015 最優秀主演男優賞(2016年) – 『銭の戦争』

第92回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞 – 『嘘の戦争』

また、今回の『嘘の戦争』では、満足度調査「オリコンドラマバリュー」でも、「主演」の項目は全話で20Pt満点を獲得している。本当に素晴らしいですね! 出るドラマ出るドラマで賞を受賞している役者はそれほどいないのではないでしょうか? 次の作品が楽しみですが、まだ次回作は決まっていないようです。早く新しいドラマの話題で盛り上がりたいですね。

草なぎ剛と言えば

草なぎ剛といえば、無類のジーンズ好きで、ベストジーニストでも殿堂入りしています。「笑っていいとも」でも、何度も自慢のコレクションを披露していたのを思い出します。世界でも希少なものを持っていたり、ジーンズのことになれば、お金に糸目をつけないほどのコレクターっぷり。5年連続で殿堂入りするということ。1999年から2003年連続で受賞した。よくご存じだとは思いますが、初代殿堂入りは、木村拓哉(キムタク)で、1994年から1998年に受賞し、殿堂入りした。ジャニーズでいえば、亀梨和也も2006年から2010年に受賞し、殿堂入り。さらに最近でいえば、キスマイの藤ヶ谷太輔が2014年から2016年に殿堂入り。2011年から2013年に受賞した稲場雅紀から3年連続で伝統入りとなっている。

多彩な草なぎ剛は、ベストジーニストや主演男優賞以外にも今後どういった賞を受賞するかが楽しみだ。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。


トレンドニュースランキング

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




コメント