スポンサーリンク

小林麻央死去していた「愛してる」市川海老蔵人生で一番泣いた日

Pocket

22日夜、市川海老蔵さんの妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんが都内の自宅で死去しました。東京都出身の34歳でした。人気キャスターから梨園の妻へ転身し、成田屋を支えていた14年10月に乳がんの告知を受けて闘病中でしたが、21日に容態が急変したようです。

市川海老蔵さんが本日14時30分から会見を行うと報道各社に連絡があったところでした。

ファクスには会見の日時と「市川海老蔵よりご報告がございます」とだけ記してあったということで、会見の内容には触れられていなかったということです。今朝の7時23分に「人生で一番泣いた日です」とブログを更新していました。

スポンサーリンク

市川海老蔵が会見予定

「マスコミの方々もお察しください。改めてご報告させていただきますので、近隣の方々のご迷惑になるのでひとまずおかえりくださいませ、宜しくお願い致します」と報道陣に呼びかけていたということで、さらに、8時53分には「なるべくいつも通りに過ごします」とブログを更新しています。
今朝も6時ごろからいつも通りにブログを何度も更新していましたが、会見、小林麻央さんの死去に繋がることは書かれていませんでした。

スポンサーリンク

前日22日には、乳がんで闘病中の妻小林麻央さんとの在宅医療の日々を「戦い」として、「もう何年たったのか、日々の戦い、病とは恐ろしいものです。その事を毎日感じながら、乗り越え、すごし、耐え、希望を持つ事。よくなってほしい、、ただそれだけ」と辛い心情を綴っていました。「わたしはわたしとしておこたらずより厳しく、より深く己に喝を私が役者として良くなる事を誰よりもまおがよろこぶから、私はやる」と決意表明もしており、「まおのこと祈ってくださるコメント本当にありがたいです」と周囲の人への感謝の思いを伝えていました。

とうとう小林麻央さんが死去してしまいましたね。顎にもガンが転移してしまっていましたし、在宅療養をしていたので、辛いですが、そんなに先ではない日にこんな日が来るのだろうと感じていました。

 https://twitter.com/akb_mamma/status/878074222291017728

小林麻央と市川海老蔵の馴れ初めと家族

小林麻央さんと市川海老蔵さんの出会いと馴れ初めは08年12月にキャスターを務めていた日本テレビ「NEWS ZERO」のインタビューで、10年3月に結婚しました。

11年7月に長女麗禾(れいか)ちゃん(5)、13年3月に長男の勸玄(かんげん)くん(4)が生まれています。幸せな生活を送っている最中に、人間ドックで乳がんが発見され、16年6月に、麻央さんが乳がん闘病中であることを市川海老蔵さんの会見で発表していました。その後、小林麻央さんは2016年9月1日にブログを新設し、闘病の様子や心情、家族への思いをつづっており、世界で影響を与えた100人の女性に選ばれるなど多くの人々の共感を呼んでいました。また、多くの方が応援をしていました。

まとめ

本当に辛いですね。小さな子供もいて、最後まで病と闘って奇跡にかけていたのですが本当に辛いです。なんと言って良いのかわかりません。

海老蔵さんによると、小林麻央さんはすでに話せなくなっていましたが、容体急変の知らせを聞いて駆けつけた海老蔵さんを見つめて「愛している」と言い、息を引き取ったという話を聞いて涙なくして聞けませんでした。

今の海老蔵さんの姿を見て、小林麻央さんの愛で市川海老蔵さんも変わることが出来たんだと思います。

ここらからご冥福をお祈りいたします。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。


トレンドニュースランキング

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク