スポンサーリンク

キムタク主演映画の無限の住人、検察側の罪人 市川海老蔵、二宮和也のエピソード

Pocket

木村拓哉、市川海老蔵と私生活で2度も遭遇の”友情エピソード”とは?

4月29日に封切りとなった、木村拓哉(44)の主演映画『無限の住人』。今作で木村は不死身の侍・万次を演じているが、万次を絶体絶命に追い込む男・閑馬永空を演じているのが歌舞伎役者の市川海老蔵(39)だ。彼は、4月12日に自身のブログで「無限の住人の万次さん」に遭遇したことを明かしていた。

スポンサーリンク

該当エントリーには「『海老蔵!海老蔵!!』と黄色くない声が 車降りるや否や」「海老蔵!と、だれだよ? と思って振り向くと、お! 万次さんやん」とつづられており、どうやら木村の方が最初に気づいたようだ。

すると、4月28日放送の木村のラジオの『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』(TOKYO FM)でも、木村がこのときのことを振り返った。

この日は『無限の住人』舞台あいさつで宮城県仙台市に向かうため、東京駅から新幹線に乗ったよう。駅でスタッフが待っているところに木村が車で向かっていると、勢いよく走ってきた車が目に入り、その車も2人ほどのスタッフに迎えられていたという。車中では「タレントじゃね?」という話になり、後部座席からその人物が登場。「あれ? 海老蔵じゃん(笑)」と気づいて、木村は窓を開け「海老蔵!」と叫んだという。しかしこの時、「どっかの輩(やから)が気づいて面倒くせぇなって感じで、シカトしたんですよ」と海老蔵は振り向いてくれなかったそう。

木村は完全に聞こえてるなと感じつつ、もう一度「海老蔵!」と呼んだ。すると、海老蔵がやっと振り返ったそうだ。市川のブログによると「新幹線の出発時刻が1020、車降りた時点で1015」というようにとても急いでいたようで、「番号何番すか?」と咄嗟に木村の携帯電話の番号を聞いたそうだ。

そこで別れた市川と木村だったが、新幹線に乗り込んでからのメールのやりとりで2人が同じ列車に乗っていることが判明。しかし連結された別々の車両に乗っていたようで、結局車内では会えず。仙台に着くまでずっとメールをしていたそう。その後、仙台駅に降り立った時にもう一度再会し、あいさつを交わしたそうだ。

また、道中のメールでは、海老蔵が「市川新之助」だった時に、まったく同じようなシチュエーションで遭遇した時の話に。海老蔵は「この先いつになるかわかりませんが『團十郎!』って呼ばれることを祈ってます」と送ってきたそうで、木村も「間違いなく言うわ」と笑って答えていた。互いに芸歴が長く、第一線を走っている2人。奇跡的な再会が互いの刺激となっているようだ。

ジャニーズ研究会 文

デイリーニュースオンライン 引用

スポンサーリンク

注目の「2人」の組み合わせ

昨年の12月で解散したSMAPの木村拓哉と奥さんの小林麻央さんがガンで闘病中の市川海老蔵のこの組み合わせは、マスコミ、メディアが注目しないわけがない。その二人が出る映画なので、注目が集まっているが、興行収入では大コケしている。

キムタクが出ている映画は、嵐の二宮和也と共演して話題になっている「検察側の罪人」これもイマイチ振るわない。

どちらも注目の二人の組み合わせなのにどちらもこけてしまっている。

何とも辛い状況だ。

でも、ファンの声はやっぱり

確かにキムタクはカッコいいですよw

44歳になってより男の色気が出てますし、ポスター見てもやっぱりカッコいい。ファンにとっては映画の内容よりもカッコいいキムタクが見れるということが一番なんだと思います。

とはいえ、興行収入ランキングが低いということは、映画館に足を運んでいるない人がいるということだから、もっと魅力アピールする必要があるとは思います。

「検察の罪人」も夢の競演を果たしているので、是非成功させて欲しいので、最近は、映画よりも家で見ることが増えているかもしれないけど、このゴールデンウィークには、みんな映画に足を運んで欲しい。

このエピソードはファンにはたまらない

この木村拓哉と市川海老蔵とのエピソードはファンにはたまらない話だと思う。「市川新之助」「市川海老蔵」そして、「團十郎」と2人の親交が続いていくことをファンは期待するでしょうし、その間ずっと一線で活躍していなければ、話題にも上がらないことだと思う。このようにエピソードがつづられるのもキムタクがずっと第一線で活躍している証ですよね。

事務所とのいざこざとか早く何も言わないようになってくれればと思います。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。


トレンドニュースランキング

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク