スポンサーリンク

キムタクと二宮和也が小説の映画化「検察側の罪人」で初共演SMAP嵐のコラボ

Pocket

キムタク&二宮 映画「検察側の罪人」で初共演 元SMAP+嵐も初

元SMAPの木村拓哉(44)と嵐の二宮和也(33)が、映画「検察側の罪人」(監督原田眞人、来年公開)で初共演する。
スポンサーリンク

2人の検事が息詰まる攻防を繰り広げるミステリー。主演の木村は「二宮、他キャストのみなさんと撮影現場を思い切り楽しみたい」とクランクインを心待ち。大先輩との共演がついに実現した二宮は「どうにかなってしまいそうな気持ちを努めて冷静に、また客観的に見ているという状態です」と興奮を抑えきれない様子だ。
元SMAPと嵐のメンバーが同じ作品に出演するのも初めて。解散前のSMAPはほかのグループと距離を置く活動スタイルで、嵐との共演もNHK紅白歌合戦などの特別な場に限られていたためだ。しかし、解散騒動を経て事務所内のグループが一本化。作品企画が2人のイメージに合致したこともあって、今回の共演につながった。
「検察側の罪人」は雫井脩介氏の同名小説が原作。木村演じる主人公は東京地検のエリート検事。その下に配属された若手検事を二宮が演じる。物語は、2人が担当する殺人事件を中心に展開。既に時効になった別の殺人事件で重要参考人になった男が容疑者として再浮上。この男を苛烈に取り調べる主人公と、その捜査に疑問を抱くようになる若手検事のそれぞれの正義がぶつかり合っていく様子を描く。
7月に予定しているクランクインに向け、木村は「原田監督作品に参加できることに、とても興奮しています」とやる気満々。二宮も「原田監督の論法に、そして木村さんの全てに身を委ねてきます。行ってきます」と気合が入っている。

スポニチアネックス 引用

スポンサーリンク

検察側の罪人(文春文庫)は雫井 脩介著の上下巻の小説が原作

原作のストーリーを簡単に説明します。

人が人を裁くとは? 雫井ミステリーの最高傑作

老夫婦殺人事件の容疑者の中に、時効事件の重要参考人が。執念を燃やす検事・最上だが、後輩の沖野は強引な捜査方針に疑問を抱く。

今回の映画では、キムタクは主人公の検事最上役を演じる。後輩の沖野役に二宮和也が演じ、次第に二人が対立していくミステリーサスペンス小説となっている。

2人の演技力を買って、原田監督は今回のオファーをしたということです。

とはいえ、オファーしたからと言って簡単に実現しないのが、ジャニーズ事務所。

この二人の共演は、SMAP(スマップ)が解散したことによって実現されたと言われている。当の本人のキムタク、二宮和也ともに共演を楽しみにしていたようで、クランクインした際の上記コメントでもわかる。

SMAPと嵐メンバーとの共演

スマップが解散したことによって、これからスマップと嵐のメンバーの共演も増えることになることになると考えられます。
ただ、今回の共演は、木村拓哉だから実現したことだと思われますし、他のメンバーであればなかなか簡単にはいかないと思います。

香取慎吾は、秋頃に引退してしまうかもしれないですし、他のメンバーは事務所を独立してしまうかもしれないので、今年秋までに共演しないと特に香取慎吾と嵐メンバーの共演は幻に終わってしまうかもしれませんね。

これからの元SMAPメンバーの動向が気になるところです。
スポンサーリンク

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。


トレンドニュースランキング

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク