スポンサーリンク

木村拓哉映画批判カンヌでつま先立ちのデマ情報の真実は違った

Pocket

キムタクのレッドカーペットデマ情報出回る

木村拓哉さんの映画に対する批判が増えていますが、映画の内容以外にも良くない噂が広がっています。

先日、第70回カンヌ国際映画祭に参加した元SMAPの木村拓哉(キムタク)さん(44)が、レッドカーペットイベントの写真撮影で「つま先立ち」をしていた。こんな「デマ情報」がインターネット上で拡散され、それを信じるユーザーが続出する騒ぎになっています。

スポンサーリンク

情報の出所は2ちゃんねる

このデマ情報の「発信源」とみられるのは、やはりネット掲示板「2ちゃんねる」に寄せられた書き込みです。一体なぜ、たった一人のユーザーが投稿した内容を、多くの人が信じてしまったのだろうか?

キムタクは主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)の入選で、約13年ぶりにカンヌ国際映画祭に参加しました。2017年5月19日(日本時間)には、共演した女優の杉咲花さん(19)と三池監督と共に、レッドカーペットイベントに臨みました。
今回の「つま先立ちデマ」が拡散され始めたのは、イベント2日後の21日昼頃のこと。ある「2ちゃんねる」ユーザーが、
「キムタクがカンヌでも爪先立ちに必死で笑い者になる」

と題したスレッドを立て、一枚の画像を「証拠」としてアップロードしたことに始まるというものです。
その画像は、カンヌ国際映画祭の公式YouTubeチャンネルが公開している動画の一部分を切り取ったもので、キムタクと三池監督、杉咲花さんの3人がレッドカーペットの上で横に並び、メディアの写真撮影に応じる様子が写っている瞬間でした。

奇跡の一枚ならぬ不安の一枚

確かに、この画像を見るとキムタクの足元を見ると、両足のかかとを高く浮かせて、つま先だけで立っているように見えます。さらに、このタイミングで木村さんの後方に立っている女性が口に手を当てて、まるで笑いを堪えているようにも見える画像になっています。 これがデマ情報の元になってしまいました。

スポンサーリンク

この画像がネット上で大きな注目を集め、ツイッターやネット掲示板で拡散、
「何これ 足まで写ってると思わなかったんやろか」

「カッコいいんだから堂々としてればいいのに」

「身長にコンプレックス持ちすぎ」

などと面白がったり、キムタクを批判したりする書き込みが数多く出ることになりました。

真実は違った。キムタクの名誉のために拡散を!

ただ、この元となるyoutube動画を見ても、そういったシーンはなく、歩いている瞬間の画像をキャプチャーを切り取ったものと思われます。

キムタクがレッドカーペット上で披露した空手アクションの瞬間を写したもののようです。
たまたま偶然、運悪く後ろの女性は、空手のアクションで正拳突きに対して笑っていただけというだけというオチです。

さも昔からキムタクが写真撮影の時にはつま先立ち立ちをしているようなことを書き、それらしい情報を集めて、読者に「昔からそうだったんだ」

「身長コンプレックスがあるんだな」と思わせることになったわけですね。

よくもこれだけそれらしい情報か集められるなと逆に感心させられます。苦笑

情報を操作して、デマ情報を拡散させたわけです。

この情報を書いた人は、面白がって、やっていることだとは思いますが、信じてしまう人も出ていると思います。

私も初めこの情報を見たときに「もしかして、そうだったのかも…」と思ってしまいました。やはりこういう情報は調べて見ないと真実はわからないですね。

デマ情報に騙されないよう自分の目で真実を知っていきたいですね。

キムタクの名誉のためにもこの情報は拡散してもらいたいです!

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。


トレンドニュースランキング

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク