スポンサーリンク

籠池泰典息子次男は元力士で新弟子詐欺の問題児だった

Pocket

学校法人「森友学園」の前理事長・籠池泰典容疑者(64)と妻の籠池諄子容疑者(60)に大阪地検特捜部は27日午後、籠池夫妻を任意で事情聴取。31日についに逮捕されました。

籠池容疑者夫妻には、籠池容疑者夫妻と会見に同席した長男の佳茂さん(36)、次期理事長になった長女の町浪(ちなみ)さん(32)、元力士の次男(29)と三男(享年21)。

長女の下で塚本幼稚園に勤める末っ子の次女(26)がおり、籠池夫妻には全部で5人の子供がいます。

次男が力士だったことがあり、その時に新弟子詐欺を繰り替え石手いた問題児だったようです。調べたところ、変わった経歴の持ち主でしたので、経歴などをまとめてみました

スポンサーリンク

籠池泰典の息子 次男は元力士新弟子詐欺

次男の話の前に、こんな話を見つけました。

実は、籠池の妻の諄子容疑者は逮捕されたことで、逮捕歴は2度目となります。

報道でもご存知の通りですが、激高して園児や保護者を怒鳴りつけることが頻繁にある諄子氏は、7年ほど前に道を歩いていた小学3年生を叩いて逮捕されました。その際は、罰金刑を受けました。

知らない子供を叩いて逮捕されるって、なかなかないですよね。。。。

そして、本題の次男は今、両親とは疎遠になっていますが、母方の実家である森友家を継ぐため、幼い頃、祖父の養子になっていたようでした。

名前 :「森友照明」(養子に入ったため)
生年月日 : 1987年7月2日生まれ
出身 : 大阪府豊中市

変わった経歴の持ち主で、中学卒業後に相撲の阿武松部屋に入門しました。しこ名が「籠池」でした。

入門して力士として部屋で修行中のある日、母親の詢子氏からの電話で

『おいコラ、殺すぞ!』

と、言われた次男は震えて怯えていたようです。

というのも脱走をくり返していたからというものです。その後、1年持たずに破門となっています。

そんな次男を教育しきれない部屋の親方と女将さんに

『次男が逃げてばっかりなのは、あなたたちが面倒を見ないのが悪い!』

こう言い放ち、世話になっている親方夫婦に

夫婦で罵りに来たというからたちが悪い。

何かがあると周りの人を罵しるのは、今とそんなに変わりないようにみえますね。

また、破門されたあとに詐欺事件を起こしています

 「“籠池”は1年くらいで辞めてしまったんですが、相撲は一度辞めると二度と戻れないんですが、(次男は)『相撲に興味があって入門したい』って他の部屋に電話して、お小遣いをもらって、ご飯をおごってもらって、ひと通り受けてから逃げる。そういうのを何回か繰り返していたらしいです」

詳しい手口としては、複数の部屋に入門希望を匂わせる。そして先輩から、飲食の接待などを受けて、話を進むところで『バイトが入った、その日は急用できて行けなくなりました』などと言って行方をくらますなどといった方法で先輩力士を騙していたそうです。

偽の“入門志願”をしていることが知れ渡り、日本相撲協会も各部屋に注意するように通達したといいます。

真実は明らかにされていませんが、2009年9月16日の日刊スポーツにはそのことが報道されてました。被害届は相撲部屋からは出されていないそうです。

その後、一転してラグビーをしていたようで日本代表選考資格を取得後して、
18歳から23歳の間は幼稚園のラグビー講師を務めたようですが、
その後、両親と反りが合わなかったようで、5年間口を聞いていないということです。

スポンサーリンク

足立康史衆議院議員の私設秘書?!

この次男の森友照明さんは足立康史衆議院議員の
事務所に入りたくて面接を受けにいったそうです。

しかし、採用されなかったにもかかわらず
森友照明さんのブログ内の経歴には
足立康史衆議院議員私設秘書」と
明記されています。

これって、完全に経歴詐称ですよね。

こういうところは、昔から変わらないようですね。

また、今回の騒動があってから、職業は『塚本幼稚園顧問』という名刺を作ってマスコミや政界関係者と接触しているようです。

まとめ

次男の蛙の子は蛙という感じが否めないですね。籠池容疑者夫妻が逮捕されたことによって、森友学園問題に関わっていた子供たちも事情聴取なんてこともありえるかもしれませんね。その時に新たな事実が出てくるかもしれませんね。そんなことがあれば、また報告させていただきたいと思います。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。


トレンドニュースランキング

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク