スポンサーリンク

井上真央の移籍騒動後、ついに仕事再開。嵐松本潤との結婚は遠のいた?!

Pocket

井上真央が移籍後、ついに仕事再開。嵐松本潤との結婚は遠のいた?!

嵐の松本潤と熱愛報道が続いき、芸能活動を休止していた井上真央が、ついに本格的に仕事復帰したということです。
昨年8月いっぱいで長年所属した事務所『セブンス・アベニュー』から独立しました。その後、昨年末には岸部一徳の個人事務所『アン・ヌフ』に移籍したことを発表しましたが、ここまで表だった芸能活動はしていませんでした。ついに4月から芸能活動を再開させているということです。

井上真央の事務所移籍

まずは、井上真央が所属していた『セブンス・アベニュー』と現在所属している『アン・ヌフ』の所属タレントを見てみましょう。

スポンサーリンク

セブンス・アベニュー所属タレント

  • 松嶋菜々子
  • 伊藤歩
  • 藤澤恵麻

アン・ヌフ所属タレント

  • 岸部一徳
  • 岸部四郎
  • 塩見三省

それぞれの所属タレントを見てみると、何か違和感を感じないでしょうか?

井上真央のキャラクターを考えるとどう見ても、『セブンス・アベニュー』の方が合っていると思うのは、私だけではないはず?

デビューから長年所属しており、松本潤との交際についても応援してくれていたという女社長がいる事務所を辞めて、事務所を変えたのには何か理由があるのでしょうか?

ちなみに、この女社長は、松嶋菜々子の元マネージャーということです。

事務所移籍の理由は?

井上真央の母親はステージママとして有名で、どうも娘の待遇に対して前所属事務所の『セブンス・アベニュー』に不満があったようで、ギャラの取り分をめぐって、母親と事務所社長とが揉めたという情報もあります。井上真央自身ではなく、親と事務所が揉めたようですね。

週刊女性では9月某日、井上真央が岸部一徳と女優の岸本加世子と一緒に表参道にある有名とんかつ店「M」の前を歩いていたとスクープされている。この3人の共通項は、ズバリ「創価学会の信者」ということです。週刊誌デスクの話。「岸本さんは久本雅美さんと並ぶ学会婦人部の幹部。親の代から熱心な学会信者である井上さんにとっては、頼れる大先輩といったところでしょう。この“学会3者会談”で岸部さんの個人事務所に移籍することが決まったのではないか」ということなんです。

週刊女性 引用

岸本加世子が事務所移籍を勧めたわけではないでしょうが、井上真央と岸部一徳は共演歴もなく、ほとんど面識のなかった岸部一徳の事務所への移籍の橋渡しをしたのは、間違いなくこの岸本加世子であるのは間違いがないようです。事務所トラブルで移籍先を探していた時に相談して、岸部一徳の事務所を紹介されたのでしょう。

また週刊女性では、その3者のうしろを交際相手と言われる「嵐」の松本潤が追いかけていたとあるが、これに関しては「松本さんは松本さんで別のグループと『M』に来ていたそうですよ」(同)という話もある。
週刊女性 引用

スポンサーリンク

井上真央と松本潤の恋はどうなる?

ふたりは2005年に放送されたドラマ『花より男子』(TBS系)で共演からで、そのあとすぐに交際に発展しました。すでに10年以上もの間、水面下で愛を育んでいることになります。

長年この二人が続いていたのには、理由があります。

「この交際を応援してきたのが、井上が辞めた前事務所の女社長だったんです。彼女は『花より男子』の映像化権を所有するなど、ヤリ手で知られています。
そんな彼女を松潤も尊敬していたそうです。しかも、女社長はジャニーズ事務所の副社長でメリー喜多川さんの娘であるジュリーさんと親しい間柄なんです。
なので、松本との交際も認められたし、ジャニーズタレントとの共演がNGにならなかったんですよ」(芸能プロ関係者)

週刊女性 引用

ということなんです。

事務所の社長が親しい間柄のジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子に口添えなどをして、交際を応援していたというのに、その女社長の事務所から独立したとあっては、藤島ジュリー景子もあまり良い印象を持っていないというよりも怒りを買ってしまっている可能性が高い。噂では、松本潤の結婚相手として、前向きにとらえていたということですが、事務所移籍で一気に状況が変わってしまったようです。

様々情報が飛び交っていますが、この情報を見ると結婚へかなり遠ざかった印象を受けます。仕事を再開したことで新たな出発?!ということも考えられますね。

2人の仲もこれから気になるところです。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。


トレンドニュースランキング

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク