スポンサーリンク

池田動物園(岡山)のトラ 絶滅危惧種が国内最高齢100歳で大往生し経営難で閉園を危ぶむ声

Pocket

10月14日に岡山市の池田動物園は絶滅危惧種に指定されている
ベンガルトラの「ヒロ」が13日に死んだと発表しました。

国内最高齢の24歳の雄で、人間でいえば100歳ぐらいに相当するということです。

大往生ですね。

池田動物園は、ベンガルトラのヒロは人気者だったようですが、
他にも人気者がなくっていました。

調べているとわかったのですが、池田動物園の経営状況も厳しいようですね。

スポンサーリンク

池田動物園の人気者メリーとヒロ

岡山県にある池田動物園は、
岡山県岡山市北区京山2丁目5−1にあります。

池田動物園によると、ヒロは平成5年4月に池田動物園内で生まれました。

ここ数年は足腰が弱っており、今月12日の朝から自力で起き上がれず寝たきりの状態になっていて
飼育担当者が餌を与えたり、床ずれが起きないように体の向きを変えたりして
口元に餌を運んで食べさせるなどしていましたが、
13日午後9時ごろに死んでいるのを飼育担当者が発見しました。

ヒロの死因は老衰ということで、天寿を全うしたようですね。

忠政智登士(ちとし)副園長は
「多くの方に親しまれた。悲しいが、長生きしてみんなを喜ばせてくれた。ありがとうと伝えたい」と悲しみを語っています。

21日に同園でお別れの会を開く予定ということです。

ヒロも池田動物園人気者でしたが、池田動物園には、他にも人気者がいました。

インド象の「メリー」ですが、このメリーも2月14日に51歳で死んでしまっています。

51歳とこちらも天寿を全うした感じですね。

相次ぐ人気者の死に動物園関係者やファンは落胆しています。

ヒロの死で池田動物園にはトラがいなくなってしまいました。
また、インドゾウのメリーとともに、人気者を失ってしまい、
経営状況が厳しい状況にある園にとってはかなり大きな痛手になっているようです。

そういった状況もあり、池田動物園の市営化を求めているようです。

「池田動物園をおうえんする会」の清水努会長(49)は
「キリンやヒグマも高齢となっている
入園者が減らないよう、魅力づくりの提案や募金活動など支援を続けたい」と語っています。

動物園の経営もなかなか厳しいんですね。

ですが、子供のためにも動物園はなくなって欲しくないですね。

スポンサーリンク

絶滅危惧種のベンガルトラのヒロ

ベンガルトラ
食肉目ネコ科ヒョウ属 食肉類
分布域 インドやネパール、バングラデシュなど
生息環境 主に森林地帯

ヒロ
体長1・7メートル
体重100キロ

池田動物園によると、高齢だったため、足腰は弱っていましたが、
今夏の猛暑の中でも冷風機を設置したり、
サプリメントを与えたりして体調は安定していたようです。

敬老の日を前に9月15日のお祝いイベントが行われ、
飼育員から馬肉をもらって元気に食べていたということです。

ヒロの飼育舎の前には14日から献花台が設けられているということです。

1993年4月に池田動物園内で生まれたヒロは、
生後50日ごろから一般公開されていて、母親とじゃれ合う姿が人気となっていました。

すくすくと成長し、体重約100キロの立派な体格に。
校外活動で写生する児童たちがおりを囲んでいる様子もよく見られていました。

ネットの声

https://twitter.com/maceicaynaya/status/919549690147831808

まとめ

ネットの声を見ると池田動物園は、結構不便なところにあるようですし、
入園者数も減っていることが伺えますね。

経営状態もかなりわかるかったようですね。
公営になれば状況もかなり変わるかと思いますが、
ただ単純に公営にしてもただの動物園であれば
入園者は増えないので長続きはしないんじゃないでしょうか?

北海道の旭山動物園ぐらいの面白さがあれば違うんでしょうけどね。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。


トレンドニュースランキング

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク