スポンサーリンク

大阪堺市火だるま事件被害者は斧裕子容疑者の婚約者?!

Pocket

6月19日、大阪府堺市西区浜寺訪森町中で男性が全身火だるまで電気設備会社の店舗に逃げ込んでくるという事件は、かなりショッキングでしたが、事件直後に車で現場を立ち去った42歳の無職の女斧裕子容疑者を殺人未遂の疑いで逮捕しました。その後の調べで事件犯行は計画的だったことを感じる供述をしているようです。また、被害者は婚約者だったのではないか?というのが調べてみてわかりました。

スポンサーリンク

大阪堺市火だるま事件は

警察によると、斧裕子容疑者は6月19日、堺市西区で、停車中の車の中で40代の男性の全身にエタノールをかけて、火をつけた疑いがもたれています。男性は近くの電気設備会社の店舗に逃げ込みましたが、全身に大やけどを追い、意識不明の重傷ということです。

病院では、あえて意識を回復させないようにしているということです。というのも、意識が回復するとあまりにも痛みでのたうち回るということです。かなり深刻なやけどだというのが伺えます。

「『熱い熱い』『助けて』といってる人がいた。全身が真っ赤だった」(目撃者)

現場近くにあった防犯カメラに現場から走り去る車が映っており、斧裕子容疑者は26日夜警察に出頭してきたということです。

スポンサーリンク

なぜ、斧容疑者は火をつけた?

調べに対し、「男が浮気をして汚れた体を消毒するために消毒液(エタノール)をかけた。男がたばこに火をつけたから燃えた」と話しているということです。男女関係のもつれからの犯行だったことが伺えいますが、消毒液をかけられた人間がたばこを吸うでしょうか? 普通に考えればありえない状況ですね。

ただ、現場では、斧裕子容疑者が「キャー、キャー、ケンちゃーん!ケンちゃーん!」と叫んでいたという証言もあることからもまさか全身火だるまになるとは思いもよらなかったのでしょうね。そんなことになるとは思いもせず、パニックになり、車で逃走したようです。

二人は婚約関係だった?!

斧裕子容疑者のFacebookを確認してみると

「けんたろう ゆうこちゃん ご結婚おめでとうございます」と書いた花束を持った写真があり、被害者男性は、事件直後の斧裕子容疑者の発言からも「けんたろう」さんだということがわかります。二人は、婚約関係であり、まだ入籍はしておらず、その間に被害男性が浮気をしたことが斧裕子容疑者にわかり、そのことに逆上し、事件に至ったのではないでしょうか?

事件は計画的な犯行だった?!

その後の警察の調べによると、斧裕子容疑者は犯行の直前に現場近くにある2ヵ所の薬局に立ち寄り、そのうち1ヵ所でエタノールを購入していたことがわかりました。エタノールは、揮発性が高く、燃え広がる可能性が高い薬品であり、それを事前に購入していたことから、事件が計画的で、かつ殺意があったとみているということです。

まとめ

いくら浮気をしたとはいえ、婚約者に火をつけるというのは恐ろしい話ですよね。男性はまだ意識がないようなので、意識が回復して、どんな証言をするのかがきになるところです。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。


トレンドニュースランキング

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク