スポンサーリンク

橋爪遼逮捕過去にも薬物疑惑で新宿2丁目泥酔逮捕?!

Pocket

6月2日に覚せい剤所持の疑いで逮捕された俳優・橋爪功の長男で俳優・橋爪遼容疑者。

その橋爪遼容疑者の驚きの過去や情報が出てきました。

橋爪遼逮捕ドラマやすらぎの郷にも影響?事務所は?

スポンサーリンク

父が俳優の橋爪功さんであったことから世間でも大きな話題となっていますが、橋爪容疑者の出演しているドラマやすらぎの郷の出演を外され、映画「たたら侍」は公開終了の見込みとなりました。北野武は、「父親は関係ないだろ」と言っていましたが、父・橋爪功さんは活動自粛の意向を示すなど、騒動はおさまる気配がありません。

新宿2丁目で酩酊状態で職務質問

実は、橋爪遼容疑者が2011年秋にもある事件を起こしていました。
それは、当時、橋爪遼容疑者は新宿2丁目にある“ハッテン場”と呼ばれる同性愛者の出会いの場となっている店から、明け方ごろに酩酊状態で出てきたところを警察官に職務質問され、尿検査を受けていたというものです。

というのも、新宿2丁目のハッテン場という場所では薬物事件が多発しているといいます。常連客が多数逮捕されており、橋爪遼容疑者も検査されたというもの。その時の尿検査の結果は陰性で「保護事案」で処理されていました。

スポンサーリンク

同性愛者を認めている

橋爪遼容疑者は、ハッテン場に行っていたことを認めています。つまり、橋爪遼容疑者は同性愛者ということを認めていることになります。今回逮捕されたことからも、覚醒剤も当時から常習犯だったと考えられます。当時、父親の橋爪功に記者が取材したそうだが、「その件は何も聞いていない。そういうのは知りたくないんですよ」ということで、橋爪功さんも知っていたけれど、認めたくなかったのかもしれません。本人の問題とはいえ、なんとなく気持ちがわかります。

まとめ

ちょっと驚きの展開でした。まさか同性愛だったという話に繋がるとは思いもしませんでした。同性愛だから偏見を持つわけではないですが。同性愛と覚醒剤と言えば、成宮寛貴さんの事件を思い出してしまいました。もしかすると、やはり同性愛の方は覚醒剤をやっている人が比較的多いのかもしれませんね。このような事件を起こすと薬物事件に関係することだけでなく、あまり知られたくない他の事まで知られてしまうことになってしまうんですね。だから、薬物はいけないという話ではないですが、こんなことまで知られないためにも事件は起こさないように生きていかないといけないですね。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。


トレンドニュースランキング

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク