スポンサーリンク

お母さんといっしょ「ブンバ・ボーン!」のフライパン動画が見たくなる

Pocket

NHK・Eテレで月~土曜日の午前8時に放送されている子ども向け番組「おかあさんといっしょ」の5月23日の放送でレアな演出がありました。twitterでは運良く目撃した人から「フラミンゴどこいった!」「びっくりして巻き戻した」と大きな反響が起こりました。

スポンサーリンク

いつもと何かが違う

世の中のお母さんと子どもたちがざわついたのは、番組後半にある「ブンバ・ボーン!」のコーナー。体操のお兄さんをメインに子どもたちが、一緒に「ブンバ・ボンボンボ ブンバ・ボンボンボ・・・」と歌い、パンダや汽車、アルパカなど色々なものを体で表現していくものです。

今回、インターネット上で騒ぎになった異変は、踊り始めて1分50秒ほどたったときでした。

いつもは、

「ミーアキャットが フラミンゴ!」

と歌われる歌詞が、

「ミーアキャットが フライパン!」

に変わっていたのです。画面に現れるイラストも、いつもの二羽のフラミンゴから、二つのフライパンに変わっていたので、お兄さんのアドリブではなくて、完全に演出としてフライパンに変わっていたことになります。

普段ならフラミンゴの真似をして片足をあげる体操のお兄さんも、「じゅーじゅーじゅー」と口ずさみ、フライパンを豪快に振るようにノリノリで踊っていました。

すり替え仮面のしわざ?

実は、この「フラミンゴ!」の歌詞が突然変わる演出は、今回が初めてではなく、2014年8月からありました。
ただ、毎回あるわけではなく、何の前触れもなくあるというもので、ネットではファンたちには、「すりかえブンバボン」などと呼ばれているものになります。その理由はこのサプライズ演出が起きるのが、決まって火曜日なのです。

番組では毎週火曜日に、子どもたちがイラストの変化を当てる人気コーナー「すりかえかめん」が放送されています。そのため、歌詞が変わるのも「すりかえかめん」がすり替えたからなのでは?という噂が広まっています。

スポンサーリンク

本当のところをNHKに確認

翌日24日の放送では、歌詞は「フラミンゴ」に戻っています。そのためサプライズ演出を初めて見た人の中には「昨日のフライパンは幻覚・・・?」「夢見たわけじゃないよね」と、つぶやいている人もいました。
これは完全に演出でライターがNHKに確認したところ、こんなやり取りだったようです。

以下引用

・サプライズ演出は、どのくらいの頻度で見ることができるのですか?

→ 「規則性はありませんが、どうやら1~3か月に1度現れるようですね」

・「フラミンゴ!」が「フライパン!」に変わっていて、びっくりしました。

→ 「これまでにフライパンだけでなく、フラダンスやフラフープ、フランケンシュタインも確認されています」

・「すりかえかめん」が現れる火曜日に起きているという鋭い指摘もあります。

→ 「スタジオでも『すりかえかめん』の仕業を疑う声が聞かれますが、事実はわかりません」

サプライズ演出

ということでNHKの遊び心で1~3か月ごとに不定期でサプライズ演出があるようです。

そうなってくるとそのレア回を見るために毎回チェックする人も出てくるでしょうし、YouTube動画を見たくなりますよね。やっぱり見たい人が多いようで、動画の再生回数はかなり多くなっていました。

「ブンバ・ボーン! 動画」でYoutubeを検索されると結構な数が出てきますよ。いつもと違うお兄さんって感じもするので、おかあさんといっしょを見ているママは要チェックだと思います。

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。


トレンドニュースランキング

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク