スポンサーリンク

BIGBANGTOP逮捕されて精神安定剤過剰摂取?原因は?

Pocket

BIGBANGのT.O.P(本名:チェ・スンヒョン)が意識不明状態に陥ったというニュースが入りました。普段から服用中の精神安定剤を過剰摂取したためだという話です。

スポンサーリンク

大麻吸引で在宅起訴された矢先の出来事

つい先日は、大麻吸引で摘発 されていたことが報じられ、話題になっていました。それはどういったものかというと、T.O.Pは今年2月に兵役のために芸能活動を一時中断していますが、T.O.Pが大麻を吸っていたのは兵役前のことだったようです。

昨年10月にソウル市内の自宅で芸能界デビューを目指す女性練習生と大麻を数回吸ったということです。その女性練習生が今年3月に麻薬所持で逮捕されたことで捜査線上にT.O.Pの名が上がり、訓練中の彼の毛髪を回収して鑑定した結果、大麻吸引の陽性反応が出て書類送検となったというものです。ちなみに、ソウル市竜山区の自宅で大麻草を2回、液状大麻を2回、合わせて4回にわたって大麻を使用した罪で在宅起訴されました。韓国芸能界でも大麻が広がっていると話題になっていました。

スポンサーリンク

精神安定剤の過剰摂取で意識不明

そして、今回の精神安定剤の過剰摂取による意思不明という報道が出てきました。

ソウル地方警察庁によると、T.O.Pは6日午前、ソウル市陽川区の第4機動団内で意識がない状態でいるのが見つかったというもの。そして、近くの病院へ搬送されました。T.O.Pは、普段から服用している精神安定剤を過剰摂取したものと推定されています。

所属事務所のYGエンターテインメント側は「T.O.Pは現在、集中治療室(ICU)で治療を受けている。薬物の服用が疑われ、正確な状況を調べているところ」と伝えているということで、幸いにも、命に別状はないというもののかなり精神安定剤を摂取したようです。

精神安定剤を過剰摂取した原因は?

 なぜ、今回、T.O.Pが意識不明になるまで精神安定剤を過剰摂取したのか?原因はやはり今回の在宅起訴だろうか?

今、入院中の状況を知る知人によると「まだ検査中で結果が出ていないが、どうやら薬物の過剰摂取が疑われているようだ。最近、様々なことが重なってとても辛がっていて、ストレスが極限状態に達したようだ。気の毒だし、早く治ってほしい」と伝えています。

現在は、T.O.Pの母親らが病院におり、T.O.Pの意識が戻るのを待っているということです。ただ、病院にはすでに多くの取材陣らが押しかけているということで、T.O.Pの母親もひどいストレスを訴えているということです。

まとめ

大麻をやったのもストレス。精神安定剤を過剰摂取したのもストレス。ということですが、大麻や薬に手を出しても何も解決できないですが、相当精神的に参っていたのでしょうね。精神安定剤を過剰に飲まないと落ち着かなかったのかもしれません。自分で巻いた種とはいえ、気の毒ではあります。やはり芸能界で活躍していくのには、ストレスがかかるので、薬物に手を出し、そのことが発覚して、ストレスを抱えるという負のスパイラルですね。はやりこういうものに手を出すとろくなことはないということですね。ただ、早く意識が戻って元気になり、薬物なしで元気に活躍してもらいたいものです。

スポンサーリンク

ランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いします。


トレンドニュースランキング

にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク